セイコー 腕時計

セイコー 腕時計ヒストリー

セイコーは1881年12月 服部金太郎が輸入時計を販売する服部時計店を創業したのが前身
1913年国産初の腕時計ローレルを発売、
1950年中三針のセイコー スーパーを発売
1956年安定した品質のセイコー マーベルを発売
1959年マーベルよりムーブメントが大きく高品質のセイコー クラウンを発売、
後にクラウンはグランドセイコーへと進化しました。
1960年高精度のグランドセイコーを発売
1961年キングセイコーを発売
1969年世界初のクオーツ腕時計クオーツ アストロンを発売
1974年後のクレドールとなるSEIKO特選腕時計を発売
1999年世界初のスプリングドライブ腕時計を発売